Ga door naar hoofdinhoud
Stap 4
Now that's a model number: Macintosh Model M0001. (Apple built in just a teensy bit of headroom for future models.) These early labels are sad tidings— even in Apple's younger, wilder days they didn't want people to service their own gadgets.
  • Now that's a model number: Macintosh Model M0001. (Apple built in just a teensy bit of headroom for future models.)

  • These early labels are sad tidings— even in Apple's younger, wilder days they didn't want people to service their own gadgets.

  • This is it, the beginning of an exciting challenge—to fight for the right to repair!

  • That FCC label means business: if you're going to tinker with your Mac, you run the risk of local radio interference. (We're guessing Pandora wasn't a viable alternative in 1984.)

さてモデル番号に移りましょう。Macintosh Model M0001です。(Appleは将来にわたって最大10000台モデルを発売できるように番号付与の枠組みが作られています。)

この歴史を感じる製造ラベルには悲しいお知らせが記載されていますーその昔、Appleの若かりし頃でさえ、自分で勝手に修理しないでくださいとユーザーに警告しているのです。

まさにここからー修理する権利を勝ち取るまでの挑戦が始まっているのです。

FCCラベルには真剣な面持ちで次のように表記されています。”もしお持ちのMacを自分で修理されると、お住まいの地域の無線妨害につながります”。(もしこの妨害が真実ならば、1984年にインターネットの音楽配信サービスは存在しているはずがありません。)

Je bijdragen zijn gelicenseerd onder de open source Creative Commons licentie.